産繊新聞社

暖簾の構造と定式

暖簾の構造と定式

江戸の暖簾は乳(チ)という布地を輪っかにして上部に縫い付け、この棒を通して吊るす方法が主流であった。ところが、京都の暖簾は上辺をトンネル状(袋状)に縫い上げ、棒を通す方式だったという。そのため、江戸方式はのれん棒が見え、京都方式はのれん棒が隠れる。これは「現す」ことを善とした江戸文化と「隠す」ことを善とした京都文化の違いだといわれる。ちなみに戦で用いられた旗や幟もこの暖簾と同じように乳付旗、縫合旗が作られるようになった。後に述べるが、幟や旗は後世になって縫い合わせに法式を生み、乳の縫い留め方も呪術的要素をもった故実を生むようになった。
次は定式についてまとめてみる。布を使った暖簾は大きく分けて4種類あった。布丈の標準は鯨尺の1尺(約38㎝)の3倍の約113㎝で、「暖簾考」には「大坂の両替商は表全くに紺無地麻布三尺の暖簾を掛ける」とある。この基準暖簾の半分の約56㎝のものが「半暖簾」、それより長い丈の四尺二寸(約160㎝)を定尺とするものが「長暖簾」、また一枚物の大きな風呂敷のような布地の上下に乳をつけ、軒下から道路にせり出して出入り口に張った暖簾を「日除暖簾」、1枚の布の幅は約34㎝、丈は約40㎝でこれを複数枚繋げて軒下に間口いっぱいぶら下げたものを「水引暖簾」と呼んだ。
「長暖簾」は丈を長くすることで直射日光を防ぎ、商品の傷みを防御するという機能的要素だけでなく、出入り口にかけることで、〝外部の視線から客の姿を見えなくする〟〝品選びの様子を見せなくする〟といった客の心理面への配慮も考えられていた。逆に「半暖簾」は〝店の中の商品を見せる〟〝作業を見せる〟〝繁盛している状態を見せる〟―ことで客を店に呼び込むため布丈が短くなったといわれており、現在でも飲食業がこの「半暖簾」をよく使う。少し変わっているのが「日除け暖簾」で風が吹くと「バーン」と音がするため、別名「太鼓暖簾」とも言われていた。寸法には規定はなかったが、道に斜めに張り出すため、狭い道では通行人の邪魔となり、江戸の街道など道が広い場所でしか使えなかったといわれている。最後に「水引暖簾」についてであるが〝軒の下にちりよけとおぼしき物をかけたり、今の水引のれんはこれより出でて、もとはちりよけならん〟とあるように塵除けが主な目的であったのは確かである。ただ、たかだか布丈34㎝程度のものにどれだけ塵除けができたのか、また日除けの役割を担えたのかを考えると他に何か目的があったように思えてくる。
縫い留め 暖簾の縫い留め方
定式 
暖簾の定式

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional