産繊新聞社

海寧、嘉興、上海(13日)

海寧、嘉興、上海(13日)

 13日(月)は、樹脂加工・ターポリン製造企業3社とLED製造企業1社の計4社を回るスケジュールのため、午前8時にはホテルを出発、まず海寧市の工業団地に向かう。この界隈の正式名称はわからないが、「経編(KNITTING)」という名称が入った企業が多く、衣服も含めて繊維を製造する企業が多く立地する工業団地のようだ。
午前9時に1軒目の浙江省明仕達新材料有限公司に到着。会議室に通していただき、業務経理の沈恵氏より、同社概要を説明いただいた。同社は2002年創業のターポリン製造・販売企業。MSDブランドとして中国国内では有名な企業だそうだ。日本では見られない5m幅の生地をコーティングできる機械も複数台保有しているそうで、国内よりアメリカや中東、中南米などへの輸出に力を入れているとのことであった。その後工場内に案内いただいたが外から眺めるのみで写真撮影は一切NGとのこと。工場見学ができないのは残念であるが、逆に言えばそれだけ技術情報の流出に気を配っているという良い意味に解釈もできる。特筆すべきは、基布の製造ラインとディッピング、コーティングなどの樹脂加工をこの工場1箇所で行なっていること。日本では基布製造と樹脂加工は分業で行なわれるのが一般的であるがが、中国では工場の敷地が大きくこうした形態の企業も多いようだ。効率という点では一貫生産ができる体制は優位性が保てそうであるが、品質管理を含めれば結構人手も要って、高騰する人件費のことを考えれば大変の様にも思う。
続いて向かったのが車で15分程度離れた浙江港龍新材料有限公司という企業。同じく樹脂加工企業と聞いていたが、通されたのがインクジェット出力機と出力メディアを展示する部屋。後で聞くと、近日IJ出力事業をはじめるそうで、そのために新しくショールームを設けたのだという。同社は2000年に創業、2004年よりターポリンの製造をはじめ、現在GLPブランドで展開しているとのこと。浙江省明仕達新材料有限公司と違うところは、原反を外部から調達し、樹脂加工に特化しているところ。その分、顧客の要望に沿った製品や機能材の開発に力を入れているようだ。工場見学ではやはり遠目から見るだけで写真撮影は一切NG。ただ若い従業員が多く、魅力的な企業に思えた。前者が社員数450名だったのに対してこちらは社員数は300名、それでいて年間売上は6・5億元あるというから立派である。
2軒目を終えてここからは2時間かけて嘉興市へ。同じ浙江省ではあるがその距離は京都から名古屋ぐらいに感じる。途中、バスの車窓からみる街路樹の下の部分が白くなっていて、これが害虫駆除のための消石灰だと教えられた。道路沿いの木々はほぼすべてこの対策が採られていて、同組合が今、開発を進めている消石灰帆布の考え方にも通じている。午後1時30分に到着したのがLED照明製造の郎特隆光電(嘉興)有限公司。ドイツ企業との合弁企業でRANTONブランドで展開されている。家庭用など一般LED照明ではなく、投光器や街路照明など大型照明に特長があるようだ。生産ラインを見せていただいたが、大量生産ではなく、人の手で組み立てていく手法。耐候性をテストする機械も自社で用意しており、規模の割には、商品は安心して使えそうな印象であった。
ここからさらに1時間かけて上海・松江区へ。この日最後の訪問先はAPOLLOブランドを展開するターポリン製造企業・上海藍泉塑料製品有限公司である。出迎えていただいたのが呉翊軍総経理で、以前日本へ研修留学していた際、樫山日帆協理事長にお世話になったといわれていた。若い経営者にあるにもかかわらず、ここまで会社を大きくされた、その才覚にまず驚く。理事長とのつながりから非常に友好的に対応いただき、ここでは工場内の写真はOK(一部を除き)であった。ここは1軒目の浙江省明仕達新材料有限公司同様、原反の製造(織り)から樹脂加工を経て最終製品を一貫生産できるすべての機械を保有している。従業員は400名、売上高は4億元で主に中近東、南米への販売に力を入れているとのことであった。
この日は少し強行スケジュールであったが、4社を視察したことで中国企業への見方が少し変わった。怒られるかもしれないが、このときまで中国企業の実力を低く見ていたのは事実。同日見学した中で、3軒目のLED照明企業は独との合弁なので別であるが、他の3社とも、SEIRI(整理)、SEITON(整頓)、SEISO(清掃)、SEIKETSU(清潔)、SHITSUKE(しつけ)、SECURITY(安全)―という6Sの下、生産が行なわれていて、ジャパンイズムが深く製造業に浸透している現状を知ることができた。ある意味誇らしく、ある意味脅威にも感じる。
浙江港龍新材料有限公司 浙江港龍新材料有限公司ショールーム 上海藍泉塑料製品有限公司 上海藍泉塑料製品有限公司社屋

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional