産繊新聞社

12月15日号

12月15日号

◎1面
◎仏・芸術家、香大学生などとCOP21会場のアート製作
11月末より、フランス・パリで地球温暖化に歯止めをかけるための新たな行程表の策定を目指す、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)が開催されたが、これを記念してパリ工芸博物館(METIERS)敷地内にシート生地を使ったインスタレーション作品が展示された。このアートはアルゼンチン生まれで現在パリ在住のアーティスト・オスカー・ロヴェラスさん(55歳)がNPO香川ものづくり学校や香川大学の学生の協力を得ながら廃校となった琴南町立旧東小学校で2ヶ月かけて制作したもの(詳細は新聞で)。
◎東西年賀賀詞交歓会
◎千思万考

◎2面
◎JAPANTEX 盛況に開催
ライフスタイル・インテリアスタイルの提案や最新トレンドを発信する「JAPANTEX2015」(一般社団法人日本インテリアファブリックス協会主催)が、「インテリアエッセンス〝Chic&Now〟―本当に大切なモノがここにある―」をテーマに、11月18日(水)~20日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催した。(詳細は新聞で)。
◎LSふぁーむ、エアドーム式農業ハウス発売
11月18日(水)~20日(金)、東京ビッグサイトで開かれた「ジャパン・ホーム&ビルディングショウ」の隣の会場(東5ホール)で、アグロ・イノベーション2015が開かれたが、このなかで㈱LSふぁーむ(岐阜市薮田南1―11―9)が、エアドーム式農業ハウスを紹介した(詳細は新聞で)。
◎新価値創造展でメイドイン津山が膜天井キット紹介

◎3面
◎日本オーニング協会、設立30周年記念式典開催
日本オーニング協会(白壁秀夫理事長、以下JAA)の30周年記念式典及び祝賀会が、11月24日(火)、東京・港区の品川プリンスホテルで開催された。この30周年を機に一般社団法人に移行の準備中で、同時に国の関係省庁との接点づくりや「JIS」制定も目指していく(詳細は新聞で)。
◎東レ産資会、仙台で開催
◎東レテトロン使用テントフォトコンテスト結果発表

4面
◎日本オーニング協会下期合同会議、一般社団法人化に向け準備
日本テントシート工業組合連合会(泉貞夫理事長)は、第4回目となる膜天井講習会を11月6日(金)は東京(新宿区・コンファレンス東京)、14日(土)は大阪(中央区・マイドームおおさか)、27日(金)は長野(佐久市・交流センター)において膜天井講習会を開催した(いずれも13時30分より)。ファインアートかわばた、今泉テント、中志テント、山口産業、太陽工業の5社が事例を発表した(詳細は新聞で)。
◎日帆協、ベトナム協力企業調査へ

5面
◎京都工組、ものづくりフェアに出展
◎大阪府テント技能士会、忠岡町商工カーニバルでハトメ打ち教室
◎香川工組、技能フェスティバルに出展
◎第42回真田会、姫路日帰り旅行開催
◎東京工組、箱根へ親睦旅行

6面
◎工連青年部会設立30周年記念大会特集
◎大阪青年部会若手3氏からのお誘い

7面
◎長尾文正のスケッチアップ裏技講座(第23回)

8面
◎岡田装飾金物、大阪八尾市に移転
◎ショウワ人事、社長に鈴木雅紀氏就任

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional