産繊新聞社

2015年3月15日号

2015年3月15日号

◎1面
綜合テント工業、「観音帆布」ブランドトートバッグ展開)
綜合テント工業㈲(広島市中区)の馬淵憲徹社長は、自身が卒業した高校の同窓生のイベントでオリジナルの「観音帆布」ブランドのトートバッグを製作した。昨年6月に紙屋町にある同窓生の店で定期的に開かれる「にぎやかマルシェ」で販売したところ、持参したバッグがほぼ完売、その後口コミやフェイスブックで全国から問い合わせが来るようになり、今後受注生産で対応しながら一般に販売していくことにした(詳細は新聞で)。
◎新価値創造展案内 
◎千思万考

◎2面(特集)
◎広がりを見せる膜天井市場
膜天井市場へ内装・外装資材企業、住宅関連資材企業の参入が相次ぐ。早くから光膜天井で実績を持っていた㈱エービーシー商会(東京都千代田区)、野原産業㈱(本社:東京都新宿区)などが昨年の秋、相次いで軽量クロスの膜天井システムを発売、石膏ボードに比べ軽く「たとえ落ちても大事に至らない」点をアピールしながら展開している。テント業界でも一昨年から昨年にかけて工連および単独組合主催で研修会が開かれ、取り組みに拍車がかかり、ここにきて実績も複数生まれてきた。今回業界の中で膜天井市場に取り組む企業とその実績を紹介する。(詳細は新聞で)。

3面
◎札幌の看板落下事故 国交省が全国に調査通達
2月15日に札幌市においてビルの看板が落下し、歩行者の頭部に当たる事故が発生したことで、国土交通省は各都道府県に対して、広告板の設置状況について詳細な調査を求める(来年4月10日まで)と共に、指定都市、中核市、景観行政団体も含め、危害防止のために左記指導を行った(詳細は新聞で)。
◎業界史(平成6年上半期)

4面
工連青年部、Aブロック大会開催
日本テント工連青年部会のAブロック大会が、北海道工組平成26年度研修会と共催で、2月13日(金)午後1時より、札幌市中央区のジャスマックプラザで開催された(詳細は新聞で)。
工連青年部、Cブロック大会開催
日本テント工連青年部会のCブロック大会が、2月21日(土)13時30分より、ホテルクラウンパレス浜松(浜松市中区板屋町)で開催され、Cブロック会員、来賓、協賛メーカーのほか、来年の30周年記念大会の幹事となるDブロックメンバーも参加し、約70名が静岡の地に集まった(詳細は新聞で)
◎大阪青年部、「若者の早期離職の原因とその対策」講演会開催
◎JAA総会案内

5面
東海・西日本・九州KT会、ブロック合同の研修会開催
東海・西日本・九州3ブロック合同のKT会研修会が、2月6日(土)~7日(日)、㈱クラレ西条事業所見学、新製品説明会で開催された(詳細は新聞で)。 
◎大阪キャンバス会、天橋立に親睦旅行
◎エコハウス&エコビルディング、2月25日~27日に東京ビッグサイトで開催
◎アキレス本社が移転

6面
◎大阪ミシンショー開催
大阪府ミシン商業協同組合主催による2015大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルが「魅せつけろ!MADE in JAPAN―もの創り大国復権へー」をテーマに、2月20日(金)~21日(土)、インテックス大阪3号館(大阪市住之江区)で開催された(詳細は新聞で)。
◎工連青年部、設立30周年記念大会案内
◎震災対策技術展、パシフィコ横浜で開催

7面
長尾文正のスケッチアップ裏技講座(第15回)

8面
フレキシブルコンテナ工業会発表生産実績―ランニング、クロス共堅調―
日本フレキシブルコンテナ工業会(時田周明会長、会員69社)は、平成26年度(1月~12月)のフレキシブルコンテナ生産実績(同工業会加盟社分)の集計結果をまとめた。ランニング、クロスを合せた総生産数は、平成25年度に比べて4%アップの464万袋で、石化業界が比較的堅調だったこと、除染関係が引き続き好調であったことに支えられた(詳細は新聞で)。
◎太陽工業、日環設計に投資
◎EXE2015案内
◎4月の催物・行事案内

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional