産繊新聞社

2016年1月15日号

2016年1月15日号

◎3面
◎2016年経済界展望~現状のリスクをどう読むか~ 第一生命経済研究所・永濱利廣

◎4面~12面(業界名士年頭所感)
 ○高島㈱ 代表取締役社長 高島 幸一
 ○アキレス㈱ 代表取締役社長 伊藤 守
 ○カンボウプラス㈱ 取締役社長 太田 克則
 ○平岡織染㈱ 代表取締役社長 平岡 義章
 ○BXテンパル㈱ 代表取締役社長 白壁 秀夫
 ○日本フレキシブルコンテナ工業会 会長 時田 周明
 ○日本テントシート工業組合連合会 理事長 泉 貞夫
 ○公益財団法人日本防炎協会 理事長 丸山 浩司
 ○一般社団法人日本インテリアファブリックス協会 会長 吉川 一三
 ○帝人フロンティア㈱ 繊維資材本部本部長 平田 恭成
 ○泉㈱ 工業繊維部門取締役 志水 一夫
 ○クラレプラスチックス㈱ 取締役営業本部長 好地 一弘
 ◌日本オーニング協会 理事長 白壁 秀夫
 ○東京天幕雨覆商工協同組合 理事長 小畠 栄

◎12面
◎NIF 窓装飾プランナー試験概要を発表
一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(会長・吉川一三会長)は、2016年(平成28年)に実施する第3回窓装飾プランナー資格試験の概要を左記のとおり決定した。試験日は9月7日(水)、受験申込期間は6月1日(水)~6月30日(木)…(詳細は新聞で)。
◎増田清商店・山本国雄氏、専務取締役副社長に就任
◎石川工組、1月29日(金)に新年会開催
◎2016年2月行事・催物

14面
◎インタビュー 岡田装飾金物、岡田和宏社長
既報(当紙第1472号)のとおり、岡田装飾金物㈱(岡田和宏社長)は、このほど大阪府八尾市に移転、11月30日(月)より営業を開始した。立地は、旧社屋から約2㎞の場所、国道25号線沿いで近畿自動車道からも近い。岡田社長に移転の目的やこれからの方向性などのお話を聞いた(詳細は新聞で)。
◎アーティストのオスカー・ロヴェラス氏、シート生地でインスタレーション作品をCOP21会場に展示
昨年の11月30日から12月12日まで、フランス・パリで開催された気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)会場にフランスの芸術家・オスカー・ロヴェラス氏が「翼」をイメージしたインスタレーション作品を展示した(詳細は新聞で)

16面
◎工連青年部設立30周年記念大会特集〈テント技能コンペ出場者の横顔〉

17面
◎〈新年雑感〉一億総活躍 日本帆布製品販売協同組合理事長 樫山喜世司
◎LIVING&DESIGN、橋口新一郎+大阪内装材料協同組合が経糸と横糸で蜘蛛の巣のように織りこみ、四方を囲った和室を出展
◎NIF、部屋みて大賞3作品を発表
◎屋外広告物講習会予定

18面~20面
◎特別寄稿
◎美食の国の博覧会―ミラノ万博訪問記 ㈱乃村工藝社 宮城大学事業構想学部非常勤講師・若月憲夫氏
2015年5月1日に開幕したEXPO2015ミラノ国際博覧会(以下、ミラノ万博)は、会期中2150万人(想定入場者は2000万人)を上回る来場者を集め、半年の開期を終えて10月31日、好評のうちに閉幕した。国際博覧会発祥の地であるヨーロッパで開催された久々の博覧会であり、テーマとして掲げられた「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, Energy for Life)」は、ヨーロッパ食文化の原点と言われるイタリアに相応しいものである。俗に「食」の万博とも云われるミラノ万博は、博覧会の歴史に何を残したのだろうか。新しい年を迎えるにあたり、昨年の世界的な文化イベントのひとつであった、ミラノ万博を振り返りその特色や興味深い試みを空間づくりや展示を中心に報告してみたい(詳細は新聞で)。

21面
◎〈地域活性化〉高齢者エリアマネジメントの勧め 和歌山大学教授 足立基浩
◎ラスカルの視点 地域活性化と規制緩和

25面
◎工連青年部会会員紹介 ㈲内海工業所・佐藤芳彦工場長
大阪では、テントに関係するパイプ・鉄骨加工企業の廃業が相次いでいる。業界が景気の良い時代といわれた昭和40年から50年に比べるとパイプテントや軒先のデザインテントの出荷量が減っていることが大きな理由で、これに経営者の高齢化や後継者不足が拍車をかけている。一方で、全国でみるとパイプや鉄骨の加工だけでなく、独自の設計ノウハウを生かしてシートハウスや荷捌き場テントを展開する企業もある。そんな企業のひとつが愛知県の内海工業所(林時生代表)。今回、同社の工場長で、青年部でご一緒する機会も多い佐藤芳彦氏にお話を聞いた(詳細は新聞で)。
◎大阪府テント技能士会、小・中学校に講師派遣

26面
◎真田信繁(幸村)に学ぶ人間的魅力とは 作家・童門冬二

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional