産繊新聞社

2016年9月15日号

2016年9月15日号

1面
◎大阪・吹田のエキスポシティの大観覧車、周回通路テントなど夢工房が施工
昨年11月大阪・吹田にグランドオープンした日本最大級の大型複合施設「EXPOSITY(エキスポシティ)」内に大阪を代表するランドマークともいえる大観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)』が開業、この施設のエントランスからゴンドラ乗り場までの周回通路部分(約200m)とエントランス部分の天井に夢工房(大阪府松原市、金井豊季社長)がテントを施工した(詳細は新聞で)。
◎屋外広告物講習会、大阪府が11月15日(火)に開催
◎千思万考

2面
◎香月テント、ヨーロピアンタイプ『モンブランテント』発売
香月テント㈱(香月勇吉社長、福岡市博多区西月隈)は、このほど完全国内生産におけるヨーロピアンタイプのテント「モンブランテント(商標登録申請中)」(4m×4m、6m×6m)を開発、レンタル事業部では4mタイプ30張(側幕付)、6mタイプ20張(同)を用意するとともに、近い将来各100張体制で展開、また、テント事業部では全国のイベント業者に同製品を販売していく(詳細は新聞で)。
◎太陽工業、膜天井市場向けにメタリック光沢の膜材発売
太陽工業㈱(能村光太郎会長兼社長、東京本社・東京都世田谷区、大阪本社・大阪市淀川区)は、膜天井用途にメタリックな光沢感を表現した金属調膜「シルフィーファインAw」を製品化し、このほど販売を開始した。安全上の配慮から体育館などのスポーツ施設や各種ホール、ショッピングモールの吹き抜けなど大規模空間の天井材として普及を目指す(詳細は新聞で)。

3面
◎岡田装飾金物、ホームページをリニューアル
岡田装飾金物㈱(大阪府八尾市南亀井町、岡田和宏社長、JIS認証取得工場)は、7月末より最高強度のレール&ポールやSGシリーズの販売を開始したが、これに合わせ、8月初めよりホームページを大幅にリニューアルした(詳細は新聞で)。
◎業界史、平成11年上半期

4面
◎サイン&ディスプレイショウ、9月1日~3日に東京ビッグサイトで開催
東京屋外広告美術協同組合が主催するサイン&ディスプレイショウ(以下S&Dショウ)が、9月1日(木)~3日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催され、会期中3万名を超える来場者を集めた。今年で58回目を迎えた同ショウのテーマは「ひらめきの生まれる場所」で、サインやディスプレイの製作・施工に欠かせない資材、素材、加工機器、工作車輌など関連商品全般の最新情報を139社が358小間で紹介した。(詳細は新聞で)。

5面
◎三成愛宕祭の綿帆布「一夜城」、原画制作・生地縫製・加工、京都の稲垣工業担当
島根県奥出雲町三成地区で300年以上続く伝統の夏祭り「三成愛宕祭」が8月24日(水)、25日(木)の両日開催された。同祭のシンボルである布製の「一夜城」が30年ぶりに新調されたが、この生地縫製及び原画作成を稲垣工業㈱(京都市下京区高辻大宮町)の澤智樹氏が担当した(詳細は新聞で)。
◎ジャパントラックショー、石井がエコ物流アイデアを提案
◎機能性フィルム展、大阪産業創造館で開催

6面
◎太陽工業、事務所・店舗用途に膜構造拡販
太陽工業㈱はこれまで一貫施工してきた産業用膜構造の用途を拡大し、「テント素材による事務所・店舗施設」を事業化する。このほど大阪本社内(大阪市淀川区木川東)内にその魅力が体験できる施設「MakMax Flex Experience Center (マクマックス フレックス エクスぺリエンス センター)」を開設、ユーザーが膜の利点と直接触れ合える場所を設け体験してもらうことで、事務所や店舗など居室空間として需要拡大を目指す(詳細は新聞で)。
◎岐阜青年部、工連Cブロック、IMSテクノ社を訪問
岐阜県テント・シート工業組合青年部会(近藤雅大会長)は、Cブロック(東海・北陸地区)と合同で、8 月19 日(金)、IMSテクノ㈱工場見学会を約40名の参加で開催した日本フレキシブルコンテナ工業会(時田周明会長)は、7月8日(金)、東京・台東区のベルモントホテルにおいて、第50回定時総会を開催した(詳細は新聞で)。
  
7面
◎長尾文正のスケッチアップ裏技講座(第29回)

8面
◎危機管理展、10月19日~21日東京ビッグサイトで開催で
◎膜協セミナー夢空間2016、9月23日に開催
◎屋外広告物講習会、鳥取・三重予定
◎訃報
◎10月の催物・行事案内

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional