産繊新聞社

Matsuemon

松右衛門










































イラスト・はしえ

同稿は、㈲産繊新聞社の前身「全日本重布新聞社」の創業者が、兵庫・高砂市出身で帆布の祖といわれる工楽松右衛門に興味を持ち、その一生を工楽家に泊り込みで調査し、昭和29年「工楽松右衛門伝」として新聞で発表したものです。現在でこそ、郷土史を研究されている多くの方が松右衛門のことを書いていますが、祖父の同稿はその先駆けでした。歴史小説で有名な司馬遼太郎氏は、小説「菜の花の沖」(豪商高田屋嘉兵衛伝)の中で松右衛門のことを書いていますが、その際某大手新聞社を通しこの祖父が書いた「工楽松右衛門伝」を調べにこられました。多少古い表現が使われていましたので、現代風に手直し、また年号に西暦年を加え、ここに紹介いたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional